健康診断・ABC検診・予防接種

ABC検診について

近年大部分の胃がんは、ピロリ菌感染と深く関わりがあることが分かってきました。
胃がんABC検診とは、血液検査によりピロリ菌抗体の有無と胃粘膜萎縮程度(ペプシノゲン量)を調べることで胃がん危険度を診断し、異常のある人に効率的に精密検査を勧奨する検診です。内視鏡検査に抵抗がある無症状の若年層の方にとっても、簡便な検査で将来的な胃がんリスクを把握でき、早期に除菌・予防へと導く有用な検診であると思われます。

※ピロリ菌は人の胃粘膜に好んで住みつく細菌で、日本人の2人に1人の方が感染していると言われています(高齢の方ほど感染率は高い)。感染は幼少期に起こり、慢性的に持続し、胃十二指腸潰瘍や胃粘膜の炎症を起こします。感染によって胃粘膜の萎縮が進むほど、胃がんは発生しやすくなります。

※ペプシノゲンとは消化液の元となるもので、胃粘膜で産生され、その一部は血液中に流れ出します。 血中ペプシノゲン量が少ない場合は、胃の粘膜が委縮していることを示します。

胃がんリスク分類

ピロリ菌抗体とペプシノゲンの結果の組み合わせにより、AからD群に分類します。

判定がBからDの方には、内視鏡による精密検査を受けていただき、除菌治療や必要な治療、経過観察を行うことによって、胃がんなどの予防・早期発見・早期治療を目指します。

検査の対象にならない方
  • 胃潰瘍、逆流性食道炎などの上部消化管疾患で治療中である。
  • 胃切除後である。
  • 腎不全といわれている。
  • ピロリ菌除菌後である。

検査費用 4,000円(税別)(保険適応外で自費となります)