AGA(男性型脱毛症)

AGAについて

AGA(男性型脱毛症) AGA(AndroGenetic Alopecia)とは、男性型脱毛症のことです。 男性に最も多くみられる脱毛症のAGAは進行性であり、放っておくと薄毛が進んでいきます。 当院では、男性の相談しにくい薄毛のお悩みを男性医師がサポートします。 お気軽にご相談ください。

男性型脱毛症はなぜなるの?

AGA(男性型脱毛症)はなぜなるの?薄毛は遺伝やホルモンの影響、生活習慣の乱れなど人によって原因はさまざまです。
髪の毛のヘアサイクルは通常、3年~6年の周期で生え変わりますが、このヘアサイクルが男性ホルモンや生活習慣の乱れから頭皮の血流の低下を起し毛細血管まで十分な栄養素を送ることができなかったり、カラーリングなどによるヘアダメージにより乱れることにより、髪の毛が通常の周期を迎えるまでに抜けてしまうのです。
抜けてしまった脱毛部には、男性ホルモンから作られるDHT(ジヒドロテストステロン)が高濃度にみられ、これがヘアサイクルの成長期を短くする原因物質と考えられています。

また、髪の毛は軟毛の状態から時間の経過により硬い毛に成長をしますが、短い周期で抜けてしまう場合、硬い毛に成長する前に抜けてしまうため、抜け毛が多くなればなるほど、次第に頭皮の地肌が見え薄毛が目立つようになってしまいます。

治療について

進行を抑えるためには、早めのケアが大切です。
AGA治療薬は、AGAの原因となるDHTの産生を阻害し進行を抑制します。
平成27年4月よりAGA治療薬プロペシアのジェネリックであるフィナステリドの販売が承認されました。当院では同じ有効成分・同じ効果効能で、処方価格を抑えられるフィナステリドを採用し処方致します。

フィナステリド1mg 1ヶ月(28日分) 6,000円(税込)

2016年6月よりさらにDHTの産生を抑制するザガーロが、グラクソ・スミスクラインより発売となりました。

ザガーロ0.5mg (30日分) 9,500円(税込)

※保険適用ではありませんので、自費扱いになります。
※詳細については、医師にご確認ください。