大腸内視鏡検査(大腸カメラ)

大腸内視鏡検査(大腸カメラ)について近年、食生活の欧米化により、日本人にも大腸がんが急増しています。 大腸がんの早期には症状の無い場合が多く、発見が遅れる場合が少なくありません。大腸がんについては、早期発見(大腸がんになる前のポリープのうちに切除すること)により、大腸がんによって命を落とす可能性をゼロに近づけることが可能です。
大腸内視鏡検査は、肛門から内視鏡を入れて大腸内を直接観察する検査です。おしりから大腸の最深部(盲腸)まで内視鏡を進め、抜きながら大腸の表面粘膜を観察します。この内視鏡の先端には、小型の高感度電子カメラが取り付けられており、さまざまな大腸の病気の発見に役立ちます。

大腸内視鏡検査でわかる疾患

大腸がん、大腸ポリープ、炎症性疾患などの病気を見つけ、診断するのに非常に有用な装置です。また、組織の一部を採取したり、病変を切除したりも出来ます。

大腸内視鏡検査実績

   
  平成26年10月~
平成27年3月
平成27年4月~
平成28年3月
平成28年4月~
平成29年3月
平成29年4月~
平成30年3月
大腸内視鏡検査 83件 370件 404件 393件

大腸内視鏡検査の流れ

検査前(診察~)

まずは診察にお越しください。
現在の症状やこれまでの病歴などを伺います。 (人間ドックや健診で引っかかった方は、検査結果一式をお持ちください)。 続いて、必要に応じて腹部の触診などの診察を行います。
検査が決まったら、患者様のご都合を聞きながら検査日程を決定し、ご予約をお取りし、検査についての詳しい説明を行います。また、内視鏡検査に必要な血液検査を行います。

診察時にお持ちいただくもの
 保険証
 服用中のお薬がある方は、お薬手帳などお薬の内容がわかるもの
 人間ドックや健診で引っかかった方はその検査結果一式


検査前日

診察時にくわしくご説明した食事内容や注意事項を守っていただき、夜、下剤を飲んでいただきます。

検査当日

1.前処置
朝から自宅にて約2時間かけて下剤を服用していただきます。
腸内の洗浄が完了したら昼ごろに来院していただきます。
検査までに看護師が状態を確認し、ソファでゆっくりお待ちいただきます。
2.検査
腸の洗浄が完了したら検査にお入りいただきます。
全身状態を確認した後、医師が鎮静剤を注射し(当院は、大腸内視鏡検査では、鎮静剤を使用します)、半分眠ったような状態で検査を行います。
内視鏡を挿入し、大腸全体を観察します。
ポリープが見つかった場合は、同時に切除することも可能です(ポリープがあった場合の処置については、検査予約時の診察の際にご説明、ご相談いたします)。

検査時間は、通常15分程度で終わりますが、腸の長さや形状によって個人差が出て来ます。また、ポリープ切除をした場合は、さらに時間を要することがあります。
3.検査終了後
検査終了後は鎮静剤の影響が落ち着くまで、ベッドに寝たままお休みいただきます。40~60分程度お休みいただき、全身状態を確認した後、着替えていただきます。
4.検査結果の説明
検査結果の説明検査の結果について、モニターを見ながら医師からご説明いたします。
ポリープ切除を行った場合や組織の一部を採取した場合などは、検査後の日常生活にも注意事項がありますので、併せてご説明いたします。
また、注意事項についての説明用紙もお渡しします。

なお、採取したポリープや組織の検査結果は、約2週間後に出ますので、その結果の説明は後日になります。

※鎮静剤使用のため、ご帰宅後も乗り物の運転等は出来ませんので、お気をつけください。