検査案内

痔の日帰り手術

当院では、切らずに注射だけでイボ痔(内痔核)を治す「痔の日帰り手術」を行っています。

院内検査設備内痔核のイボ痔については、切らずに注射だけで治す痔の日帰り手術を行っています。この硬化療法(ALTA療法)は手術で痔を切除する方法と違って、痛みが少なく日帰りで行うことができるため、入院の必要がなく、仕事を休む必要もありません。術後の肛門の働きも損なわれることがないため、患者様にとって非常に負担の少ない手術です。
硬化療法での日帰り手術の他に、外痔核や大きな内痔核に対しては切除手術も行っています。

当院での痔の日帰り手術は、患者様の痛みや苦痛、不安をできるだけ少なくする事を第一に考え、お一人お一人のライフスタイルに合わせた治療方法をご提案いたします。

内視鏡センター

胃がん・大腸のがんは、定期的な内視鏡検査で早期発見・早期治療が可能です

日本では国民の2人に1人ががんになり、毎年3人に1人が亡くなっています。
中でも胃がんや大腸がんの占める割合が高いのがわが国の現状です。(男性では胃がん=2位,大腸がん=4位,女性では大腸がん=1位,胃がん=2位)
但し、今日では診断と治療の進歩により、一部のがんは早期に発見できれば、治癒率が向上し、完治する割合も増えています。

特に胃がん、大腸がんなどは早期に発見できれば、お腹を切らずに内視鏡的にがんだけを切除することが可能ですし、臓器の一部を切除する開腹術を受けた場合でも早期のがんであれば術後に再発や転移を防ぐことができます。

胃や大腸のがんは、定期的な内視鏡検査で早期発見・早期治療が可能です。
早期がんのうちに発見できるために、1~2年に1回の定期的な検診をお勧めいたします。

患者様に負担なく、安全で確実な内視鏡検査を行います
当院では胃と大腸の内視鏡検査が可能です。
内視鏡検査は苦しい、痛いなどのイメージでまだ躊躇されている患者様が多いと思われますが、なるべく苦痛の少ない検査方法で行うように心掛けています。
患者様の希望に応じて鎮静剤を使って眠ったような状態で検査を行います。
検査の前に点滴で患者様に合った量の鎮静剤を少しずつ調節しながら入れていくので、安全でかつ苦痛なく検査を行うことができます。 検査中は患者様の脈拍、血圧、血液中の酸素濃度の状態をモニター画面に映し出し、常に体の状態を細かくチェックしながら安全に行いますのでご安心ください。
検査は基本的に予約制ですが、しばらくの不調で早めの検査を希望される場合は当日午後から検査を行うこともあります。

上部内視鏡検査(胃カメラ)は、高画質の細径内視鏡(直径9mm)も装備しています。
胃潰瘍や胃癌、ポリープ、ピロリ菌の検査まで行っています。
大腸カメラはポリープが見つかった場合は、同時にポリープ切除も行っています。
大腸ポリープの他、大腸癌や潰瘍性大腸炎・クローン病などを調べます。




超音波検査

超音波検査当院では東芝メディカルシステムズ社製の最新機Xario100を使用しています。
体に表面から超音波をあてて、内臓や血管の状態などをみる検査でエコー検査とも呼ばれています。 麻酔などの必要もなく、またX線検査のように放射線被爆の心配がなく、苦痛のない安全な検査です。
局所や血流などを観察するのには非常に優れた検査で、当院では、腹部、頚部(頸動脈、甲状腺)エコーを行っています。

腹部エコー

検査範囲
肝臓、胆のう、膵臓、腎臓、脾臓、盲腸、子宮、卵巣、前立腺など

わかる疾患、症状
がん、腫瘍、胆石、前立腺肥大、腹水貯留など

頚部エコー

検査範囲
首の頸動脈、甲状腺

わかる疾患、症状
動脈硬化の進行、甲状腺がん、甲状腺腫瘍など



CT検査

CT検査当院ではマルチスライスCT(コンピューター断層診断装置)を導入しています。X線を使って身体を輪切りにして断面を撮影する検査です。体内の様々な病巣を発見することができます。当院では、腹部のCT検査を中心に頭部や胸部のCT検査も行っております。
腹部CT検査でわかること
肝臓がん、胆道がん、膵臓がん、胃がん、大腸がんなど腹部臓器の悪性腫瘍(がん)が
 ないかを調べることができる。
がん細胞の広がり(どれくらい病変しているのか)を調べることができる。
多臓器やリンパ節への転移を調べることができる。
下痢や嘔吐を伴う急性の腹痛が起きたときに、その原因となる異常の診断が可能です。
頭部CT検査でわかる病気
脳梗塞・くも膜下出血・脳腫瘍・
脳内出血など
胸部CT検査でわかる病気
肺癌: 肺炎・結核・肺気腫・気胸・
慢性気管支炎など

 

骨塩定量測定

骨塩定量測定当院では、デジタルX線のレントゲン画像からダイレクトに骨塩量を計測するシステムを導入しており、即時に結果を説明することが可能です。これにより骨粗しょう症を診断し、早期治療へと導きます。

迅速採血検査

当院では通常の血液検査の結果を院内にて1時間以内に確認することができます。
迅速に検査結果を把握することで、患者様の不安を取り除き、早期に治療方針を決定することが可能となります。

迅速糖尿病検査装置(HbA1c)◇迅速糖尿病検査装置(HbA1c)
糖尿病の患者様の場合、HbA1cの値を7分程度で確認することができ、その日の患者様の病態を把握し、早期治療に役立てます。

高感度インフルエンザ検査

高感度インフルエンザ検査一般的な診断薬の約100倍高感度でインフルエンザウイルスを検出可能です。
これにより、発症初期などウイルスが少ない状態でも数分で迅速にインフルエンザを診断できます。

ECG(心電図)検査

自動解析機能を備えており、心電図波形の異常を正確に診断していきます。