外科

外科では、日常的な火傷や切り傷、生活や学校、スポーツなどでの外傷性の怪我・外科的疾患を幅広く扱うとともに、一般的な外科手術や処置を行います。特に高齢者の方は、感染症などの心配もありますので、お怪我をされたときはすぐにご来院ください。

症状に応じて病院での治療が望ましいと考えられる際は、適切な病院へご紹介をいたします。

外科の主な診療内容

外科の主な診療内容・擦り傷、切り傷、火傷の処置
・巻き爪、爪囲炎に対する治療
・体表のしこりの排膿、切除
・乳腺炎の処置
・体表リンパ節の生検
・胃瘻チューブの交換 など

なるべく痕を残さない擦り傷、切り傷、火傷の処置

擦り傷

擦り傷は、皮膚の一番外側にある表皮を擦ったことで炎症が起こる浅い傷です。
皮膚の浅い部分には神経が密に走っているため、切り傷よりもむしろヒリヒリとした痛みが続きます。擦り傷でも細菌などに感染して化膿する場合や黒ずんで傷跡が残ることがありますので、軽視せずに医療機関での治療を受けましょう。

切り傷

切り傷はガラスや刃物などにより、皮膚組織が鋭く切断された体表の傷です。誰もが一度は経験する切り傷ですが、その重症度は、損傷した組織の深さと幅によって異なります。重症の場合では大量出血を起こし、神経・腱・骨などまで損傷を受けている場合があります。このようなケースでは、血管、神経、腱断裂などをきたしていることが多く、緊急に縫い合わせる処置が必要になります。また、土やサビなどが傷口に入ってしまった場合には、破傷風などの感染症の恐れがありますので、傷口の異物を取り除いて適切な処置を行った後、必要があれば抗生剤を投与して感染症を予防します。

当院では、損傷を受けた箇所を慎重に確認したうえで適切な処置を行い、なるべく痕を残さないように治しますので、傷の中の病原微生物が増殖しないとされる受傷後6時間以内に受診するようにしてください。

火傷

火傷は医学的には『熱傷』と呼ばれ、高熱による皮膚や粘膜が損傷した状態です。受傷部位に発赤・腫れ・水ぶくれなどができ、軽い火傷では強い痛みがありますが、重症ともなると神経も損傷するため痛みを感じなくなります。

火傷はその深さによってⅠ度熱傷、Ⅱ度熱傷、Ⅲ度熱傷に分類されます。

Ⅰ度熱傷
最も軽い火傷で表皮のみが損傷を受け、皮膚がヒリヒリと痛み赤くなります。水ぶくれはできず、1週間程度で治ります。
Ⅱ度熱傷
表皮の下の真皮に達する火傷です。強い痛みがあり、受傷後24時間以内に水ぶくれができます。浅いⅡ度熱傷では2~3週間程度で治り痕も残りませんが、深いⅡ度熱傷では3週間以上かかるうえ痕が残ります。
Ⅲ度熱傷
皮膚や神経も損傷を受けるため、痛みを感じません。皮膚表面が白くなる場合や黒く硬くなる場合があり、痕も残ります。

火傷を負った場合、水道水ですぐに冷やすことが大切です。衣服の下に火傷がある場合、水をかけて冷やした後に衣服を脱いでください。衣服が皮膚に張り付いている場合は無理にはがさず、そのままの状態で速やかに受診するようにしましょう。

火傷の範囲が広い場合は命に関わることもありますので、症状に応じて病院での治療が望ましいと考えられる際は、適切な病院へご紹介をいたします。


巻き爪・陥入爪の治療

巻き爪・陥入爪の症状

巻き爪の症状は足の爪の両端が内側に曲がって巻き込み、激しい痛みと炎症を伴います。また、陥入爪の場合、爪の両端の角の部分がトゲ状になって指の皮膚に食い込み、痛みや腫れがみられ、ひどくなると膿を伴います。

巻き爪・陥入爪の要因

巻き爪・陥入爪は先天性による場合もありますが、ほとんどが外傷や環境など後天的な場合が多く、足先に強く圧迫がかかるスポーツやつま先の細いヒールの着用、深爪の常習化などの要因で起こります。

また、ご自身で巻き爪を爪切りを使って処置される方もおられますが、誤った切り方をすることで、さらに深爪となり症状が悪化することがありますので、ワイヤー矯正を行うなど、医療機関での治療を行うことをお勧めします。

巻き爪・陥入爪の治療

当院では、日常生活に支障がなく、爪が深く切り込んでいても施術可能で、施術当日から入浴・運動も可能なワイヤー矯正として、3TO(VHO)での自費診療を行っております。

3TO(VHO)の特長

個々の巻き爪の形状や爪周囲の状況に合わせてワイヤーの長さやカーブ、張り具合をその場で素早く調整でき、ワイヤーを皮下組織に刺すのではなく、爪に引っ掛ける(接着剤などを使わない)構造なので、爪・皮膚に損傷を与えない治療です。


1.個々の形状に合わせることができる高い調整力
・ 型取りなどの手間や時間が必要なく、施術にかかる時間が短い
・ 個々の爪に最適な力加減で無理なく強力に矯正できる。
2.爪を痛めず、衛生的
・ 爪・皮膚への通気性が保たれる為、非常に衛生的。
3.経済的に自然な爪へ

・ 外科的手術ではないので経済的。
・ 極めて短時間で痛みが軽減。
 (ワイヤーをかけた時点で巻きの圧力が激減するため痛みも軽減する)
・ ワイヤーをかけた状態で日常生活に支障がない。
・ 矯正完了後は自然で健康的な形状に

※巻き爪は日々の歩き方、靴の影響等により再発することがあります
3TO(VHO) の施術手順

(1)専用のスチール鋼を爪の大きさに合わせて切り、爪の湾曲状態に合わせてワイヤーを湾曲させる。

(2)これを爪の左右に引っ掛け、専用のフックを用いて巻き上げ、固定する。

(3)余分なワイヤーをカットした後、人工爪でワイヤーの固定部分をカバーする。

爪の横に引っ掛けたワイヤーは、一見、食い込んで痛いように見えますが、血管が走っている真皮内まで突き刺すわけではないため痛みを感じることはなく、出血もしません。従って、麻酔の必要もありません。固定したワイヤーは爪の伸びとともに前方に移動するので、施術して約3ヵ月後に付け替えを行います。

これを半年から1年くらいかけて矯正していきます。


3TO(VHO) の処置費用
処置費用 10,000円/1指(税込)
ワイヤーかけ直し 6,000円/1指(税込)

※日本では保険適用がないため自費診療となります。

3TO(VHO)巻き爪矯正技術について